2007年02月17日

『綜合看護』2007年1号(現代社)

最新の『綜合看護』が届いた。まず最後の「編集者覚え書」を読むと、瀬江千史『育児の生理学』が近々改定されるとある。「おむつ」と「日光浴」に関して改訂があるそうだ。文字も大きくなるらしく、ページ数も320頁になるとのこと。つい最近、『育児の生理学』を読み返したのだが、20年前の著作であるにもかかわらず、その高み、あるいは論理性に圧倒されてしまった。当時既にここまでの解明がなされていたのか、という思いである。育児相談の形をとっているものの、内容は体系的であり、論理的に一本筋を通したものになっている。人間の体の仕組みや認識に関して、ごく大雑把な全体像が描けるという意味でも、非常にすぐれていると思った。世の父親・母親(や、もうすぐその立場になる者)にはもちろん読んでいただきたい。しかし、それだけではなく、医学生や看護学科学生にも、入学後すぐに読んでいただきたい書である。

さて、今回も一読後の感想を書いておこう。


なんごう つぐまさ が説く看護学科 ・心理学科学生への
  “夢” 講義(33) ―看護と武道と認識論 /南郷継正

看護学や心理学で一流を目指すなら、哲学や学問に関する基礎としての教養が必須であるという内容。

『武道講義第二巻』からの引用があるが、その中で思想の科学研究会編『現代科学読本』の中の提議が紹介されている。その後「これらの小論を提議した数人の人々はただの一人を除いて歴史の歯車に粉砕されてしまっている」とあるが、その歴史の歯車に粉砕されてしまわなかった一人とは誰のことなのか? 『武道講義』を読んだ時から疑問で、この本を入手しようと試みたが、全く入手不可能だった。(ちょっと調べてみると、どうやら武谷三男っぽい。思想の科学研究会の創立同人は、「武田清子、武谷三男、都留重人、鶴見和子、鶴見俊輔、丸山真男、渡辺慧」で、この中でいうと、武谷三男くらいしか考えられないから。)

また、『“夢”講義』第二巻の発刊も予告されており、その目次も載っている。今回も連載でいうと10回分くらいがまとめられているようだ。


次代を担う看護学生・医学生への医学概論教育 講座(16)
  ―[連載] 第2部・第5回 /瀬江千史・本田克也・他

医学生がまず学ぶべき専門課程の全体像とは、医学体系の一般論であるという内容。ベルナールを評価して、本来の医師としての学びは、「臨床→基礎→臨床」という否定の否定の流れでなければならない、とも説かれている。

最後には、常態論、病体論、治療論が三角形の中に関係付けられている図が載っている。そして、「実は、この図の体系性、すなわちつながりを理解してもらうには、『医学体系』の要ともいうべき重要な概念の理解を必要とするのであり、それを理解するための図をもう一つ示さなければなりません」と述べられている。「重要な概念」というのは、おそらく「病気」(あるいは「病態」?)のことであり、もう一つの図とは、間違いなく『看護学と医学(下巻)』p.268の「図2」であろう。初めてこれらの図を見た時の感動といったら、とても言葉では言い表せない(beyond description)。これぞ論理!というか、これぞ学問体系!と思ったものである(あっ、言葉で言い表してしまった)。


初学者のための 『看護覚え書』 (12) /神庭純子
  ―看護の現在をナイチンゲールの原点に問う

うぉーーー!!!! また来た!!! 感動の震えというか寒気というか、背中の真ん中あたりからスタートして、徐々に上に伝わっていき、最終的には脳を揺さぶる、そんな感じの例の感覚だ。少し長いが、その震えが起こった箇所を引用して、終わりにしたい。

 そもそも弁証法は自然・社会・精神の一般的な運動に関する科学であるといわれています。これはどういうことなのだろうか、というオサライを少ししておきます。
 少し論理的に説くなら、弁証法というのは全世界の一般的な運動の科学、あるいは運動の一般的な科学のことです。このように説くと、オヤと思う方たちがいるはずです。
 一般的な運動と運動の一般的(一般性)とはどういうことなのか、つまり「(原文のママ)同じようなことなのに、わざわざ書きかえているのには何か意味があるのか、それとも違うもの(論理)なのか、と。
 端的に答えておきます。これは単なる言葉の使い方の違いではありません。中身(構造)が大きくも小さくも異なることになるからです。
 一般的な運動というと、運動そのものをまずアバウトに共通性をもつものとしてとらえるところから始まります。
 わかりやすくは「宇宙は変化(運動)していますね。大空の星たちは移動(運動)していますね。地球の状態も変わって(運動して)いっていますね」といったレベルのとらえ方をいうのです。
 このように、運動(変化・発展・消滅)を大きくアバウトに全体を一つの像としてみつめていくことから、対象の研究がはじまります。これが、一般的な運動という簡単な中身の説明です。
 では、運動の一般性とはどういうことでしょうか。
 これは、運動している事物・事象を眺めてみると、それは個々の運動=個別的な運動、すなわち、事物・事象が、(観念論的に説けば)それぞれの思惑で自分流に運動(変化・発展・消滅)しているように見えます。でも、このどの事物の運動、事象の運動をとってみても、必ず一般性をもっているのだ、というところから研究を始めることが大切だということです。
 ですから、弁証法の学びとは、大きくアバウトに運動としてとらえることと、小さな個々の事物・事象の変化・発展・消滅などのありかたを、大きく一般性としてとらえる訓練が必要だとこととの二重性(二重構造)で弁証法の学びは、始まっていくことになる、そうでなければ弁証法的にはならないという意味をもった概念規定なのです。
posted by 寄筆一元 at 17:46| Comment(12) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

『武道講義第2巻』に登場したのは、思想の科学研究会編『現代哲学読本』だと思います。そして件の「歴史の歯車に粉砕されてしまわなかった一人」というのは「三浦つとむ」だと思います。

私が所持する『現代哲学読本』には『弁証法・いかに学ぶべきか』所収のディーツゲンに関する小論が、加筆された形で収められていたと記憶しています。
Posted by がお at 2007年02月17日 18:32
がおさん、コメントありがとうございます。

今確認しましたところ、確かに『武道講義第二巻』に登場したのは、『現代哲学読本』であって、『現代科学読本』ではありませんね。しかし、今回の『綜合看護』で引用されていた箇所には、確かに『現代科学読本』とあります。それで私も間違ってしまったのですが、おそらく現代社の不手際による誤植でしょうね。

それにしても、その『現代哲学読本』をお持ちですか。そこに三浦つとむの論文が収められているのなら、歴史の歯車に粉砕されてしまわなかった一人というのは、三浦つとむということになるでしょうね。ZA-KHEMの取りですからね。

貴重な情報をありがとうございます。
Posted by 寄筆一元 at 2007年02月18日 14:38
瀬江先生の『育児の生理学』は、“うらわ朝日”という小さな地域広告紙に断続的に連載されていたものをまとめた書ですが、最初の本にまとめられた後も連載は続けておられたのです(もうずいぶん前)。本に未収録の部分もかなりあったはずなのですが、ついに2巻目の本にならなかったのです。今回の増補版はその未収録分を加えるのかもしれませんね。
“うらわ朝日”は当時の浦和近辺に住んでいる人で、朝日新聞をとっている人しか目にすることはありませんでした。朝日新聞に折り込まれていたタブロイド判の新聞でしたから。
Posted by 流蛍 at 2007年02月18日 20:08
流蛍さん、情報ありがとうございます。

そうでしたか、『育児の生理学』としてまとめられた後も、連載が続いていたのですか。浦和付近に住んでいる朝日新聞読者が羨ましいですね。

改訂版楽しみにしています。
Posted by 寄筆一元 at 2007年02月19日 14:48
「一般的な運動」と「運動の一般性」に関する文章、刺激になります。
私の場合、医師8年目であり基礎研究に入る時期にあたります。
医師は「臨床→基礎→臨床」のコースが大事だということにもつながるのですが、
現在の私は、手術という「治療の運動」を「一般性」としてとらえる視点がなかったため、認識が、個別な患者さんの個別な病態に応じた手術の運動に絡め取られてしまって、全体性が見えない状態になっていました。1例1例の患者さんの病態が重く、論理化することができない(感情が揺さぶられる)実力のなさでした。
一般の医学論文を呼んでも、弁証法に貫かれたものは少なく、(というより現象レベルの論理に終始している)自分の弁証法の実力のなさでは現象の中に埋没している状況でした。
今後1年は、まず手術運動の一般性として、全体を論理的に概括してみようと思います。
あんまり嬉しくてメールしました。ありがとうございました。

追伸:「看護のためのいのちの歴史の物語」、私も深い深い衝撃を受けています。またコメント期待しています。
Posted by 双子の父 at 2007年03月01日 18:24
全体性が見えないまま、患者の体にメスを入れているというのは恐ろしいことです。

内科なら多少の診断ミスをしても患者が来院するごとに修正していけるのでしょうが、手術ということは必ず体にメスを入れるわけでしょう?

いかなる職業でもプロとして金銭をいただく限りは、初心者だ10年選手だとの言い逃れはできぬと思います。ましてや患者の体にメスを入れる外科医が「全体性が見えない実力のなさ」では8年目であろうが20年選手であろうが切られる患者が気の毒です。

Posted by がお at 2007年03月01日 20:27
がおさん、御指摘ありがとうございます。
補足ですが、私の執刀する範囲の手術に関しては、その詳細と全経過(うまくいってあたりまえの構造)を熟知していることはあたりまえの実力として持っています。まさに命に関わる職業ですからあたりまえです。
ところで運動を一般性として捉え、弁証法の体系として外科学を説いた教科書は世界に一冊もありません。むしろ、ウィルヒョウ依頼の細胞論によるばらばらに分化した大系でしかありえていない現実があります。
全体性とは、瀬合先生の著書「医学の復権」にある「真の学問体系としての医学」に該当する言葉として使っています。その中身は、「生理学・生化学・病理学・解剖学・統計学・薬理学の基礎科学を生理常態論として土台に据え、その上に構築される内科(循環器・呼吸器・感染症・脳神経・腎臓・代謝内分泌・消化器・血液)学・外科学(整形外科・消化器外科・肝胆膵外科・泌尿器外科・形成外科)・皮膚科・感覚器科(眼科・耳鼻科学)・精神科・リハビリ科を含めた「治療論」「病態論」を構築することであって、その全てを弁証法を駆使した論理によって一本の筋を通した論理展開を自在にこなせる実力をもって、全体性が見えると表現しています。優れて学問的概念として使用しています。
あなたの指摘は一般性としては正しいととらえます。そして自らに厳しく、また大きく課題として掲げていこうと思います。
一般的には医学は学問体系として完成されており、日々華々しく発展しているように見えています。学問体系としては看護学に大きく劣っている現実が知られていない。
 弁証法性を駆使できている外科医が少ない今、私の実力であなたの問いかけに答え、大きく乗り越えることが私の責務と思い奮闘努力する所存です。外科医学を全医学大系の弁証法的体系化によって学問化すると同時に、技術論を完成することにより教育論としても完成することを、ここに約束いたします。
Posted by 双子の父 at 2007年03月02日 08:36
双子の父さん、コメントありがとうございます。

手術という「治療の運動」を「一般性」としてとらえるためには、治療の一般性を捉えて、その上で「手術」の特殊性を押さえなければならない、さらに「治療とは何か」の一般論が分かるためには、「病とは何か」が分からなければならないし、その両者を分かるためには、そもそも人間の正常な生理構造とはどのようなものかが分かっていないといけない、ということになりますよね。つまり、科学的医学体系を把持していなければ、全体性を把握することはできないということですね。

もっといえば、人間の正常な生理構造を把握するためには、それこそ「いのちの歴史」を繙いて、如何にして単細胞から現在の人間にまで至ったのかの壮大なる過程を理解しないと、正確には「全体性」を把握したとはいえません。「いのちの歴史」こそ、もっとも一般的な運動といってもよいだろうし、運動の一般性がもっとも典型的に表れているといってもよい気がします。

このように、部分を見る際にも、全体を貫いている運動の法則性が部分にも貫かれているはずだとして、部分を見ていくということは、弁証法的なものの見方の基本だと思います。しかし、口で言うのは簡単でも、実践するとなると、なかなか大変ですよね。われわれはまだ、南郷師範や瀬江先生、本田先生らが措定された「いのちの歴史」やその他諸々の一般論を踏まえて、認識ののぼり・おりをスタートできるので、まだマシ(?)なのでしょうけれど、これを自力・自前で創られた方々の艱難辛苦は、想像を絶するものだと感じています。


>今後1年は、まず手術運動の一般性として、
>全体を論理的に概括してみようと思います。

>外科医学を全医学大系の弁証法的体系化によって学問化すると同時に、技術
>論を完成することにより教育論としても完成することを、ここに約束いたします。

力強い目標・決意で、私も「負けてたまるか!」という思いが湧いてきました。ありがとうございます。

いくらすぐれた師を持ったとしても、成長するのは自分自身であり、自分自身が研鑽を積み重ねなければ、実力の向上などあり得ないということをしっかり念頭において、一歩一歩着実な努力を積み重ねていきたいです。
Posted by 寄筆一元 at 2007年03月02日 10:21
ありがとうございます。
寄筆先生に説いてもらうと、すんなりと心に響きます。
生理構造が躍動的に描けてこそ、「病気とは何か」の病態論一般が運動性を持って構築できるし、病態論がわかってこそ「治療とは何か」の一般論が構築できる。そこを駆使できる実力としての弁証法的認識力をもってして、初めて手術の特殊性を説く実力がもてるし、手術の中に過程的に秘められた治療の構造の一般性を意識しながらメスを駆使できる。
それら全てを包み込むとてつもなく壮大な歴史の流れとして「いのちの歴史」がある・・・。

南郷先生にあこがれ、学ぶことができて幸せです。

外科学の弁証法化により、科学の体系化たる弁証法の発展の流れに一歩でも寄与することが私の野望です。
>いくらすぐれた師を持ったとしても、成長するのは自分自身であり、自分自身が研鑽を積み重ねなければ、実力の向上などあり得ないということをしっかり念頭において、一歩一歩着実な努力を積み重ねていきたいです。

まさに。私の心そのものを文章化していただきました。

Posted by at 2007年03月02日 12:17
またまたコメント、ありがとうございます。「野望」、何かいい響きです。

私の野望も書いておきましょう。宣言しないことには何も始まらない気がしますからね。

私はこれから臨床心理士の資格を取ってカウンセラーとしての実践を積み重ねる中で、認識学を再措定し、そこから自前の精神科学、哲学の創出へ進んでいくという、壮大な夢を持っています。これが私の野望ですね。哲学への憧れは大学入学当時からもっており、南郷師範に惹かれたのも哲学への憧れがあったからだと思っています。

まだまだスタート地点にも立てていない現在ですが、大きな野望に向かって、まずは当面の目標を設定し、着実にクリアーしていくつもりです。

いい刺激を与えてくださって、ありがとうございます。


P.S.

「寄筆先生」はやめてくださいね。確かに塾では高校生に「先生」と呼ばれていますが、弁証法・認識論に関しては、全く先生でも何でもありませんから。まだ20代の若僧ですので、「寄筆君」とか呼ばれる方がしっくりきます。
Posted by 寄筆一元 at 2007年03月03日 01:33
双子の女の子は少しぐずりましたが、今すやすやと寝ています。
少し自分のことを書かせてください。

私は医師になって8年間、もっぱら患者さんと格闘してきました。なぜなら病の苦しみ・死の恐怖を、まずはわが身で観念的に二重化することが医師としての勤めであり、それが感情として自然とできるようになる(技化)することが、医師の実力の最低線だと信じたからです。
その結果、8年目の医師として一般的な臨床の病の変化過程の理解の実力と、救急対応・全身麻酔・手術・投薬を含めた治療の基礎実力は出来てきました。
それは間違っていなかったと思います。

しかし、他の医師に比較して
学問力の無さを痛感しています。
今、次の新たなる人生の課題―高峰の前に立っています。
医学界の中枢という高峰に切り込んでいきます。
出世を目指すのではありません。

武道講義に説かれている「時代の精神」のように、医学界の中枢の精神は、国家の科学を主導する精神の代表の一つと考えています。それは、どんな田舎の病院でも、医師が判断するときに、その心の奥から統括させるべき規範です。

国家レベルの弁証法の表れである現代日本の医学会にも、その発展の歴史性があるはずです。
紀元前より世界で人類が築き上げてきた医学の歴史は、当時先端を走っていた各国家の医学会の科学認識の集大成が、歴史的に変化発展し、現在の日本の医学界の中に脈々と生き続けている認識の体系と考えられます。
日々、医者が行っている治療(投薬・手術)も、一つ一つに人類の歴史性が流れている。それを認識できるのは科学しかないでしょう。
「この病気にはこの治療」というマークシート方式の記憶では対応が不可能な現実があります。手術の場面で躊躇することはやはり許されないのです。

医学界を再措定する情熱・野心・野望こそ、私の医師としての実力の発展を約束するものです。そう、信じています。
南郷理論を信じて、全生活・全人格をかけて踏破する意思です。
はたして本当に南郷理論・三浦弁証法は現実の外科学会に認められる実力を持つのか?そう言うと現実の医学界からも南郷先生からも思い上がるな!と罵倒されそうです。しかし、自分の身体で証明してみせます。南郷理論はここまで役に立つのだ!と。
寄筆君、(さっそく君と呼ばせてもらいました。親しみをこめて)
今後、学問の道をどこまで登ったか、報告します。

長文失礼しました。
Posted by 双子の父 at 2007年03月04日 01:36
>医学界を再措定する情熱・野心・野望こそ、私の医師としての実力の発展を
>約束するものです。そう、信じています。
>南郷理論を信じて、全生活・全人格をかけて踏破する意思です。

>しかし、自分の身体で証明してみせます。
>南郷理論はここまで役に立つのだ!と。

こういう部分、いいですね。非常に刺激になります。ありがとうございます。


>今後、学問の道をどこまで登ったか、報告します。

どちらが高い山を築けるかの競争ですね。報告、楽しみにしています。

Posted by 寄筆一元 at 2007年03月04日 13:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33911370

この記事へのトラックバック