2006年07月20日

最近考えたこと、実践したこと、発見したもの

認識論の基本技として、徹底的に量質転化すべき論理は3つくらいしかない。認識とは(問いかけ的)反映であること、認識とは像であること、観念的二重化ということ、である。

認識は対象の反映であるから、見事な対象を反映し続ければ、それに応じて認識は見事になり、歪んだ対象を反映し続ければ、それに応じて認識は歪んでゆく。原田隆史が説く、長期目標設定用紙を目につきやすいあらゆるところに貼るということも、ニューヨーク市長だったジュリアー二が実践したブロークン・ウィンドウ理論も、この論理に棹さすものである(庄司和晃風に書いてみたが、言葉の使い方あっているのか?)。僕は昨日、アリストテレス、カント、ヘーゲル、エンゲルス、三浦つとむの肖像画をB4用紙にプリントアウトして、机の前の壁の、仰ぎ見る位置に並べて貼った。本当はアリストテレスの前にゼノン、そしてこれら6人の偉人のうえに南郷継正師範の肖像画を貼りたかったのだが、両者とも入手できなかったので諦めた。これら偉人の顔を毎日毎日反映し続けることによって、自分の認識に変化が起きるような気がしている。

面白いブログを発見した。心に青雲というブログである。「心に青雲とは青雲の志を抱くこと。弁証法、認識論を踏まえ、空手、科学、芸術、時事問題などを論じます。」とある。玄和会の師範代の方が書かれているブログで、南郷継正師範の講義の内容など、一般の者には知ることができない貴重な情報が紹介されている。痛快である。是非ご一読を!
posted by 寄筆一元 at 00:09| Comment(5) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログ「心に青雲」を書いている者です。トラックバックいただき、ありがとうございました。
貴ブログも一部拝読させていただきました。三浦つとむさんや南郷師範の理論への熱い思いが伝わってきます。
玄和会内部にいる者より、南郷師範の直接の指導を受けておられない方のほうがむしろ、憧れは教烈になるのだなと、改めて感じいるとともに、「恐怖」も感じました。
弁証法の、道は苦難の道であるかと存じますが、志高く持って、がんばるしかないですね。
Posted by 「心に青雲」主催者 at 2006年07月20日 08:59
コメント、ありがとうございます。

私は、直系の方々から「驚嘆に値する」といわれるようなディーツゲン的存在になりたい、などと考えています。

しかしそのためにも、「心に青雲」主催者様を見習って、毎日ブログを更新し、「書くことは考えることであり、考えることは書くことである」を地道に実践していかなければ、と反省させられました。

毎日の記事を楽しみにしております。今後、内容について何かお伺いすることもあるかもしれませんが、その時は可能なかぎりお答えいただけるとありがたいです。
Posted by 寄筆一元 at 2006年07月20日 10:52
おひさです。
>認識論の基本技として、徹底的に量質転化すべき論理
とのことですがここは論理を技化するのではなく自分の認識という実体の「問いかけ」、「五感情像」、「観念的二重化」についてそれこそ生命史観をふまえて、そのありかた、創り方を問いかけて基本技から無意識的に働く自分の認識という実体化すべく研鑚すべきものとでも記すべきと思いますがどうでしょうか?

Posted by izayohi at 2006年07月27日 06:34
izayohiさん、お久しぶりです。

「どうでしょうか?」ということですが、正直難しすぎて、意味がよく分かりません。

私がここで言いたかったことは、人間の認識といっても法則性があり、その主なものは三つくらいしかないのだから、これを使いこなせるようになれれば、自分の認識のコントロールはもちろん、相手の認識のコントロールや、認識にかかわる問題の解明が可能になる、ということです。

izayohiさんは、技化の過程を詳解されているのでしょうか?
Posted by 寄筆一元 at 2006年07月27日 15:17
Posted by アシューム at 2006年10月24日 23:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

株式の詳解
Excerpt: 株式の対策はこれで万全!!!
Weblog: 情報商材レビューinfo-chance.com
Tracked: 2009-02-12 15:40
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。